任意売却を検討する際に市県民税の滞納による差押えがあるケース

任意売却を検討する際に市県民税の滞納による差押えがあるケース

任意売却物件に、抵当権以外に市県民税の滞納に起因する差押えが付いている場合があります。
任意売却に際し、売買契約成立のためには、抵当権者の同意だけでなく、差押えを解除する必要がでてきます。
任意売却物件に固定資産税ではなく市県民税関連差押えがついているので、付近の役所にいかなくてはなりません。任意売却物件における滞納金のうち、一部納付で解除してくれる役所もるようです。しかし、全額納付をいわれた場合、住民税を数年間滞納していると、本税だけでなく14.6%といわれる遅延金の加算があり、知らぬまに百万円にもなる場合がありますから、任意売却の売買契約成立に要る差押え解除のため、全額を納付できなければ競売に移行されます。


 

任意売却で売却した家に住む事ができます

色んな思いが交錯している家を任意売却で売却する事になった場合、どうしても同じ家に住んでいきたいと考える方もいると思います。
任意売却をしているのですから、売却した家に住む事ができないと考えてしまう方もいるかもしれませんが、任意売却後でも、売却した家に住んでいる方はいます。任意売却で売却した家に住む場合は、いくつかの方法があります。もっとも多いと言われている方法としましては、任意売却で物件を買い取った方に、家賃として支払う事で売却した家に住む方法です。 もう少し分かりやすく言うと売却した家を賃貸として契約する事で、任意売却で売却した家に住む事ができます。
この方法を選択すると、引越しなどにかかる費用を抑える事ができ、家賃として支払う必要がありますが、経済的にはかなりお得です。


Blog

Calendar