任意売却とブラックリストの関係

任意売却とブラックリストの関係

信用情報機関に事故情報が登録されることを俗にブラックリスト登録などと言います。
さて、任意売却をすると、このブラックリストに登録される、と思っている人はいませんか?そう思う人は任意売却の知識がやや不足していると言わざるを得ません。住宅ローンの返済を滞納するとブラックリストに登録される、というのが正しい知識です。
つまり、住宅ローンの滞納をしている時点で、ブラックリストに登録されているので、その後、任意売却をしようと、競売になろうと、登録される情報に違いはないのです。ですから、ブラックリスト登録をされるのが嫌だから、任意売却を拒むというのは、そもそもおかしなことです。
これ以上、滞納を続けないためにも、むしろ積極的に任意売却をしたほうがいいと言えます。

 

任意売却をするメリットとは

任意売却をするメリットとは、いろいろなものがありますが、主に自宅を売る際に競売にかけられるよりも高い値で売却できるということです。競売にかけられてしまうと買い叩かれてしまうことが多いのですが、その前に任意売却をすることでその結果を避けることができます。
また、任意売却の相談窓口が全国にいくつかあり、その窓口は無料で相談をしてくれるために費用が掛かることはありません。任意売却をしている状況というのは、お金に困っている状況ともいえるので少しでも出費は避けたいものです。また相談できるお金すら持っていないかもしれません。そのような方々を救済できるのが任意売却ですから、困ったらまずは相談窓口に行って問題を明らかにしましょう。


Blog

Calendar