任意売却物件を購入する際のポイント

任意売却物件を購入する際のポイント

任意売却物件は、市場価格を上回ることが稀です。
もし買いたい物件が任意売却物件だから多少安くても止めておこうか、となんとなく思われるのでしたら、損なことかもしれないので見極めのアドバイスをご紹介します。
なんといっても、安易に契約する前に、しっかり日にちを取って、重要事項説明をよく読ませてもらうことがおすすめです。
任意売却物件の場合、どんなポイントに特に注意すればいいのか、ここでは、瑕疵担保責任の項目をとり上げてみましょう。
任意売却物件の売主は抵当権を実行されるくらいですからいわゆる債務超過といえます。
任意売却物件に、後から瑕疵がある事がわかっても、責任を取ってもらえないことが予想されるため、瑕疵担保責任に免責の特約が付いている可能性があります。
尤も、隠れた瑕疵には特約は効かないのが普通です。設備の現況をよく確かめて、質問などするとより安心できます。

 

任意売却を考えてみませんか?

長引く不況で金利は低いものの、収入も思ったように上がらずローンの返済が出来なくなった、離婚をすることになり、返済の残った家を処分し身軽になりたい、など人生にはいろいろな出来事があり、その時に重荷になるのが住宅ローンです。ローン返済が滞り、競売にかけられてしまうなどということはとても残念です。そうなる前に任意売却を考えませんか?任意売却はあくまで自分の意思で行うものです。
しかし任意売却といっても知識も無いし…とためらっていてはいけません。そういう時は任意売却を専門に扱っている人に相談するのが一番です。それも一件だけの相談ではなく、何件か問い合わせて、自分にあうと思える場所に相談しましょう。任意売却は競売と違い、普通の売却なので少しでも高額に売却することができ、売却後に残ったローンも少なくなります。
また返済についても、その人の生活に合わせて小額返済できたりと、任意売却にはあなたにとっても、銀行にとっても、メリットはたくさんあります。

Blog

Calendar