任意売却を行う債権者としての費用の負担

任意売却を行う債権者としての費用の負担

任意売却の場合は、住宅ローンの返済を行えない人が、自分の家を売却して住宅ローンの負債を少なくするために行います。
こうした状況にある任意売却の債務者であるために、一般的には、仲介する業者の手数料だけでなく、滞納しているマンション管理費や引っ越し費用などの負担さえもできません。
そのため、任意売却においては、債権者に売却に関わる費用を負担してもらう必要があります。
これが、任意売却を行う債権者としての費用の負担なのです。
しかしながら、任意売却を行う債権者としては、競売価格よりも下回る任意売却価格には当然ですが応じられません。
このため、任意売却の価格と裁判所の評価額に差がないような時には、任意売却は難しくなってきます。

 

弁護士に任意売却を頼めばよいのか

任意売却は、弁護士などの専門家に頼むのが一番最善の方法だと思いますね。確かに、弁護士は法律について熟知していますし、社会的な信頼感もありますので、安心して依頼することができます。ただ、任意売却の場合、不動産を売る必要があるため、不動産についての専門的な知識も求められることになります。弁護士は、法的な部分では詳しくても、不動産についてはほとんど知識がありません。そのため、弁護士とともに不動産屋にも依頼する必要があり、その分手数料も高くなってしまうのです。
任意売却とともに債務整理を行う場合には弁護士に依頼するのが最適なのですが、任意売却のみの場合には、任意売却の専門業者にお願いするのがよいでしょう。

Blog

Calendar