任意売却と競売の違いについて

任意売却と競売の違いについて

任意売却と競売になにか違いがあるのでしょうか。まず任意売却は競売と違って自分の意思が通りやすく、自分や家族のプライバシーが守られることができます。例えば競売だと新聞やインターネットサイトにに競売物件として自分の家の情報が掲載されてしまいます。任意売却の場合は普通の中古住宅売買と変わらない形式ですので安心です。また任意売却は競売に比べて高い価格で取引が可能になるという違いもあります。また任意売却は残った債務に対しての返済についても希望を聞いてもらえることが多く、引越し代を捻出できる場合もあります。また任意売却の場合だと親戚や知人の協力があればまた今までどおり自分の家に住み続けることができる可能性もあります。

 

任意売却を考える人は期限の利益を知っておこう

任意売却を考えている人は、期限の利益というものについて知っておいたほうが、より確実に任意売却が進められます。
住宅ローンの滞納を続けていると、督促状や催告書が届きますが、それも放置していると、期限の利益の喪失を伝える書類が届きます。期限の利益というのは、要するに分割払いをする権利のようなものです。住宅ローンのような多額の借金は一括して返済するのは困難ですから、基本的に期限の利益が認められています。しかし、返済が滞ると、この期限の利益は喪失します。それは、どんな住宅ローンの契約書にも書いてあることです。期限の利益の喪失の通知を受け取ったなら、もう、普通に返済を続ける道はなく、競売か任意売却のどちらかを選ばなければいけません。
競売よりは任意売却の方がメリットが多いですから、任意売却を決断する人が多いです。

 

Blog

Calendar