不動産登記の共同申請主義の例外

不動産登記の共同申請主義の例外

不動産登記の申請に関しては、登記によって利益を受ける登記権利者(不動産を購入して新たに所有者になる人など)と、不利益を被ることになる登記義務者(不動産を売却して所有権を手放す人など)が双方申請を行うという「共同申請主義」の原則が採られています。
しかし、例外もあります。
建物を新たに建てるなど、不動産の所有権保存の登記は登記義務者が存在しません。また、不動産相続の際は、登記義務者はすでに死亡していますし、相続の事実は戸籍謄本を添付して容易に証明できるので単独での申請ができます。会社などの法人が合併する際にも、義務者となる法人はすでに消滅していますので、単独での申請ができます。
仮登記に関しても、対抗力が発生しないことからあまり厳格さは要求されず、単独での申請が許可されています。

不動産の活用はかなり幅が広いです

不動産の活用法はかなり幅が広くて、それが魅力ではあるのですが、多いだけに迷ってしまうこともしばしばあります。そこで、ここでは不動産の中でも土地の活用法をいくつか簡単に紹介します。
一つ目は、アパートとして不動産を活用する方法です。工業用地域以外であれば建築が可能と、大概の土地で可能であるのが魅力の一つです。周囲にどのような人が住んでいるかなど、リサーチの重要性がかなり高いのが押さえておきたいポイントです。
二つ目は、マンションとして不動産を活用する方法です。こちらも、アパートとかなり似ているのですが、大きな分かれ目としてワンルームタイプか、ファミリー向けにするかがあります。周りに商業施設文化施設があることが、ファミリー向けに必要な条件の一つです。
まだまだある不動産の活用法ですが、簡単なものを紹介してみました。

Blog

Calendar