不動産の担保権のうちの先取特権

不動産の担保権のうちの先取特権

質権、抵当権、根抵当権といった不動産の担保権は、当事者の契約によって成立し、登記されることになります。しかし、担保権の中には、社会的公平という観点から、法律によってその成立が認められるものがあり、その一つが「先取特権」です。
先取特権には以下のようなものがあります。
「不動産保存の先取特権」は、不動産の補修や修理にかかった費用について、費用を支出したものが優先的に配当を受けられるというものです。不動産を保存するための行為をしてすぐに登記をしておくと、先に登記されている担保権があってもそれらに優先します。
「不動産工事の先取特権」は、工事を請け負った物が着工する前に予算額などを登記しておくと、優先的に配当を受けられるものです。「不動産売買の先取特権」は、上記2つのように他の担保権には優先しませんが、所有権保存登記などと同時に担保することで代金と利息分について担保されます。

 

立地条件を重視した不動産の選び方

不動産の売買や賃貸物件を選ぶ際に重視するポイントは人それぞれに違いますが、不動産選びで重視する必要があるのは立地条件だと言えます。
立地条件は地域によって異なりますが、交通機関のアクセスが良い事や、道路網の整備が進んでいれば不動産としての価値は高くなります。賃貸物件で考えても、利便性能の良い立地条件には入居希望者がたくさん集まりますので、不動産としての魅力を高めてくれるのです。最近では不動産選びにインターネットを活用する機会が多くなっていますが、立地条件を確認するには必ず現地に行く必要があります。駅からの距離や時間は、駅の改札口の方角によっても大きく異なりますので、不動産業者に下見を依頼した時に合わせて確認するのが良い方法です。


Blog

Calendar