不動産ローンの返済期間について

不動産ローンの返済期間について

不動産ローンには返済期間というものがあります。
そもそも不動産ローンに限らずローンというものは、返済期間が短ければ短いほど有利になります。返済期間が短ければその分の利息の支払いについて有利になるからです。返済期間が長ければその分金利はが発生し続けるわけです。その不動産ローンの返済期間ですが、具体的にチェックしたいのが限度です。限度というものが、35年としているものが多いです。
さらに支払い限度年齢は80歳としているところが上限です。
不動産が中古物件だった場合にはもう少し条件が厳しくなります。
前記したように返済期間は短ければ有利にはなりますが、不動産系のローンは大きな金額になります。返済期間を短くすれば毎月の返済額も多くなります。不動産系のローンは自分の生活にあわせた返済期間を決定しましょう。


不動産投資の種類について

不動産投資といっても様々な投資スタイルがあります。
例えば戸建てを扱う不動産投資やアパートやマンションを丸々一棟扱う投資などです。また、新築なのか中古なのかによってもその手法は違っていきます。自分自身の自己資金と希望に沿った様々な不動産の投資スタイルを選択するとよいでしょう。不動産投資はローリスクでロングリターンとは言われています。人口が密集した好立地、好条件の物件であればリスクは限りなく低いと言えます。ただあくまでも投資の一つなので絶対にリスクがないというわけではありません。
しかし不動産投資のリスクはほかの投資と違い、比較的予期できるものが多いので、早い段階で適切な対策をおこなえば回避できる場合が多いでしょう。


Blog

Calendar