不動産の購入条件としての駅までの距離

不動産の購入条件としての駅までの距離

住まいの購入については駅までの距離が重要です。
不動産から最寄りの駅までの距離を知ることでその不動産の利便性を知ることにもなります。ただ、不動産から最寄りの駅というものは、基本的に駅までの徒歩での距離となります。
徒歩の分数というものは個人差もありますので、なかなか判断というものが難しい事になります。
そこで不動産からもと利益までの徒歩の分数の基準を知ることからはじめましょう。基本的に1分あたり80メートルとしている事があります。
仮に徒歩10分と記されていれば800メートルの距離という計算になります。以上の点を覚えておきまして、不動産と駅の距離をとほの分数から導き出しましょう。
また購入を前向きに検討しましたら、自分の足で計ってみるのもお勧めです。

 

不動産登記簿を読み解く

不動産を購入した場合、登記をしなければなりません。
登記とは、不動産の取得者にその不動産に関する情報を、法務局に備え付けられている登記簿に記載させ、それを誰でも閲覧可能な状態にすることで、不動産取引の安全を確保しようとする制度です。不動産登記簿に記載されている情報は次の2点です。まず、その不動産の概要です。表示部と呼ばれる部分に記載されており、その不動産の所在場所や種類(宅地、農地など)、面積、構造(木造、鉄筋など)が記載されています。2つ目は、その不動産の権利関係です。権利部と呼ばれる部分に記載されています。権利部はさらに分けられ、甲区に所有権に関する事項が、乙区に抵当権や賃借権など所有権以外の権利に関する事項が記載されています。
不動産を購入する際には、必ず不動産登記簿を閲覧することになるので覚えておきましょう。

Blog

Calendar