不動産の仮登記とはなにか

不動産の仮登記とはなにか

不動産の登記に関して、それによって生じる最も重要な効力は対抗力であるということがいえます。不動産登記に関しては、先に手続きを行った方が他者にたいして効力を発揮できるわけです。しかし、場合によっては不動産登記をすぐに申請することができない場合もあります。そこで、登記法においては、仮登記という制度を設けています。
仮登記の申請がなされると登記記録にその記録がなされます。そして仮登記を本登記に改める申請をすると、登録記録の仮登記が本登記に改められます。この時には仮登記の申請がなされたときの順番が確保されていますので、仮登記の後に他の人が権利の登記をしていたとしても、不動産に対する権利をその人に優先することができます。

 

不動産売買契約の中身とは

不動産を売買するためには、不動産売買契約をしなければいけません。そもそも契約をしなければ、不動産の売買はできないわけです。それだけ重要なものですので、前もって内容を知っておくのもお勧めとなります。
では、不動産売買契約というものについてですが、まずは目的というものがあります。その目的としては、取引内容や当事者の権利や義務などを明らかにするというものがあります。明らかにすることで、安全で確実な売買の成立をする事ができます。そのような目的があるわけです。不動産売買契約を締結しますと、そちらの契約に従って権利や義務がありますので、そちらを履行していくことになります。
契約の流れにそえば、売買は自然と成立するというわけです。

Blog

Calendar